不動産クラウドファンディングはやばいのか?実際に利用してみた感想

クロフネ

新しい資産運用として注目されていてる不動産クラウドファンディング。私も実際にチャレンジしてみました!

不動産クラウドファンディングは、少額から投資が可能で、且つ安定した利回りを得られるとして、資産運用初心者にもおすすめです。

半面、新しい投資方法だけに「やばい」「危険」「やめておけ」「損する」などネガティブな情報も目にします。

真贋を確かめるためには、実際に試してみるのが一番です。様々な資産運用をつまみ食いしてきた私がチャレンジしてみました。

本記事では下記について解説していきます!

・不動産クラウドファンディングの仕組み
・不動産クラウドファンディングのリターンを最大化する方法
・実体験をレビュー

目次

不動産クラウドファンディングとは

不動産クラウドファンディングとは、投資家から資金を集め、その資金をもとに不動産を運用し、賃料収入や売買益を投資家に分配するサービスです。

通常マンションやアパートなどの収益不動産を購入するには、まとまった資金が必要です。不動産投資クラウドファンディングの場合は、不特定多数から資金を募り、小口化してるため、1万円程度という少額で不動産へ投資することができます。

仕組み

不動産クラウドファンディングは、クラウドファンディングの一種です。

一般的に知られているクラウドファンディングは、資金を必要とするプロジェクトについて、出資を募り、出資者は「寄付」や「購入」という形でプロジェクトを支援し、経済的なリターンはありません。

一方、不動産クラウドファンディングは、投資家から資金を集め、運用することを目的としており、一般的なクラウドファンディングと異なり、経済的なリターン発生します。

具体的には、投資対象となり得る1つの物件ごとにファンドが組成され、募集期間中に必要な投資資金が集ればファンドが成立し、運用が開始されます。

運用で得られた不動産の賃料収入(インカムゲイン)や売却益(キャピタルゲイン)は、投資金額に基づき投資家に分配され、定められた運用期間が終了すると投資元本が返還される仕組みです。

投資対象

マンションやテナントなどが多いですが、中にはホテルや保育園、学校などが投資対象になることがあります。

元々クラウドファンディング自体が、資金を必要とするプロジェクトを支援するという側面があり、投資を通じて、街の活性化や社会貢献に寄与できるという点があります。

投資家を守る優先劣後方式

不動産投資型クラウドファンディングの多くが、「優先劣後方式」が採用されています。

組成されたファンドに対し、まず投資家が出資し、その後不足する資金を運営企業が出資することで不足分を補填する形をとっています。

この場合出資者は「優先出資者」、運営企業は「劣後出資者」となります。優先出資者は利益を優先的に受け取れるだけでなく、損失も優先的に回避することができます。

例えば、出資金の20%を運営企業劣後出資している場合、不動産価値が20%下落しても、劣後出資が20%の損失を負うため、投資家に損失が発生しません

つまり20%以上の値下がりが発生しない限り、出身者の元本は守られるのです

不動産クラウドファンディングのメリット

では、投資家にとってのメリットを確認しましょう。

メリット① 少額投資が可能

一般的に投資にはまとまった資金が必要ですが、不動産クラウドファンディングは、ファンド化されていますので、1万円から出資できるサービスが多く、投資のハードルは低いです。

投資は余裕資金で行う事が鉄則。これくらい少額であれば、初心者の方がお試しで始めるには最適ですね。

メリット② 元本変動リスクが小さい

不動産クラウドファンディングは債権に近い商品性で、株式投資やFXに比べると、元本変動リスクは少ないです。

お金は増やしたいけど、リスクは極力抑えたいという方に向いている資産運用方法です。

メリット③ 普通預金よりはるかに高利回り

組成されたファンドの条件によりますが、利回りは年率換算で3~7%のものが中心です。

不動産クラウドファンディングは変動リスクが少ないので、これから投資を始める初心者の方はもちろん、既に株式や投信など、アクティブに運用している方でも、ポートフォリオ全体のリスクを下げる事ができますので、おすすめです。

比較的短期間で運用されるファンドが多いため、余裕資金を短期で運用する先としても使えそうです。

不動産クラウドファンディングのデメリット

冒頭でも触れたように、「危険」「やばい」「やめておけ」「損する」など不動産クラウドファンディングに対するネガティブなイメージがある事は事です。

一通りデメリットについて確認しておきましょう。

デメリット① 元本毀損のリスクはある

不動産クラウドファンディングは、元本の価格変動リスクは少ないですがゼロではありません。

優先劣後方式で保護されているとは言え、それでも想定した劣後出資割合以上に下落してしまった場合は、投資家の出資元本に毀損(きそん)が生じます。

国家自体がデフォルト(債務不履行)する事もありますから、投資には元本割れという事態は、常に付きまとうものと言えます。

デメリット② 途中解約ができない

不動産クラウドファンディングは、短期間で償還になるものが多いですが、一度投資したら投資家側からの途中解約ができません。償還時期になるまで、投資資金は動かす事ができません。

急な物入りがあると困りますので、心配な人は使うあてのない余裕資金、且つ少額ではじめると良いでしょう。

デメリット③ 早期償還リスクがある

投資家から途中解約できない一方で、企業側からの早期償還のリスクはあります。

一見悪いように思えないかもしれません、投資における「リスク」とは、ブレ幅の事を言います。

つまり早期償還するとういう事は、予定していた利益が得られなくなったという事なので、予定外イコール、リスクなのです。

以上のようなデメリットで、「危険」「やばい」というような印象が広まったのかもしれません。

ですが、これらはすべての投資にはリスクはつきものですから、不動産クラウドファンディングだからという事は特別ないように思います。

寧ろ、世界的なインフレが続いているのに、元本保証の預金ばかりでは物価上昇に追いついていけないため、金額は減らないですが、お金の実質な価値は目減りしていきます。

投資家の私としては、全額定期預金の方が、危険でやばいのではと感じています。

不動産クラウドファンディングのリターンを最大化する方法

不動産クラウドファンディングにはデメリットはあるものの、元本保証以外の他の資産運用にも同様のリスクがあり、メリットでもある少額投資で上手にリスクを最小限に抑えれば、それほど恐れる事でもない事が分かります。

しかしそれでも不安だという方のために、とっておきの方法をお教えしましょう。

投資リスクは付き物です。リスクをゼロにするには元本保証の預貯金しかありません。ここは発想を変えて、リスクを下げるのではなく、リスクに見合う以上のリターンを狙ってみます。

不動産クラウドファンディングの場合、その性質上リターンは予め決まっています。しかし次の方法を併用することで実質的にリターンを上げる事ができます。

方法① ポイントサイトを活用

クロフネ

ポイントサイトを活用しましょう!

ポイントサイトとは、ポイントを貯め換金できるサイトのことです。

ポイントサイトは、広告を出したいスポンサー企業から依頼を受け、サイト内で広告を掲載し、それを見て購入や利用したユーザーに、広告料の一部をポイントとして還元してくれるサービスです。

ポイントサイトはマッチングサイトでもあり、広告代理店でもあるわけです。

貯まったポイントは現金の他、様々な他社ポイントと交換ができますので、繰り返し利用することでちょっとしたお小遣い稼ぎになります。(中には一千万円以上も稼いだ人もいるとか)

ポイントサイト経由で申し込もう

論より証拠。下記は大手老舗ポイントサイト、ハピタスに掲載されている広告です。不動産クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」に新規申込すると8,000pt(8,000円相当)が貰えます。

「不動産 クラウドファンディング」とググって、「CREAL」公式サイトに直接申し込んだとしても0円ですが、

ポイントサイト「ハピタス」から「CREAL」を申し込んで投資を開始(本案件の場合10万円以上が条件)すれば、8,000円が貰えるわけです。

途端に高利回り投資に

CREALで仮に次のファンドの募集があったとしましょう。

・想定運用期間:1年
・想定利回り:年利5%

このファンドに10万円投資し、予定通り分配金が支払われると次の通りです。

・元本:100,000円
・分配金:5,000円
・ハピタス:8,000pt(8,000円相当)
合計 113,000円(ハピタスポイントは現金で換算)
利回り 13%(年率)

多少リスクがあっても、13%もの高利回りファンドであれば、チャレンジしてみたくありませんか?しかも対象が資産価値のある不動産で、短期間でしかも少額取引とくれば、そのリスクはかなり限定的ではないでしょうか。

※ポイントサイトが使えるのは最初の登録時のみです。

ポイントサイトに登録しよう

ポイントサイトを活用するには、ポイントサイトへの会員登録が必要です。もちろん登録は完全無料!

クロフネ

私が実際使っているのは「ハピタス」と「モッピー」です。

【おすすめする理由
・ポイ活にも初心者使いやすい
・広告案件が豊富
・還元率が高い

おすすめポイントサイト① ハピタス

現在紹介キャンペーン開催中です。下記リンクから登録して頂いた方は、最大2,000pt(2,000円相当)が貰えるチャンスです。

おすすめポイントサイト② モッピー

モッピーも紹介キャンペーン開催中です。下記リンクから登録して頂いた方は、最大2,000pt(2,000円相当)が貰えるチャンスです。

方法② 紹介プログラムを活用する

クロフネ

「CREAL」紹介プログラムを活用しましょう!

上記で紹介した「不動産クラウドファンディング CREAL」に特化した話ですが、紹介プログラムを活用する事で、自分で申し込むよりお得になります。

紹介プログラム

上記は紹介プログラムの特典内容です。

繰り返しになりますが、紹介プログラムを介さずに、単独で申し込んだ場合はこの特典は付与されません。

・口座開設・・・1,000円
・初回投資10万円・・・4,000円
・初回投資50万円・・・9,000円

クロフネ

口座開設だけで1,000円はアツくないですか?

「始めるかどうか悩むけど、とりあえず口座だけは作るか・・・」

これだけで1,000円ゲットです!

こちらも高利回りに

方法①の時と同じように、CREALで仮に次のファンドの募集があったとしましょう。

・想定運用期間:1年
・想定利回り:年利5%

このファンドに10万円投資し、予定通り分配金が支払われると次の通りです。

・元本:100,000円
・分配金:5,000円
・口座開設:1,000円
・初回投資キャッシュバック:4,000円
合計 110,000
利回り 10%(年率)

リターンとしてはポイントサイトより低いです。

しかし、ポイントサイトは別途ポイントサイトの登録と、貯めたポイントを、ポイントサイト内で現金と交換(等価交換です)する必要があります。

紹介キャンペーンの方が金額は低くなりますが、手間はかかりません。

私の場合、貯めたポイントは航空会社のマイレージと交換したいので、ポイントサイトを選択しますが、これは人それぞれですね。

※紹介プログラムはCREAL独自のもので、他の不動産クラウドファンディングには適用されません。良い情報があれば今後紹介していきます。

※ポイントサイト経由と紹介キャンペーンは併用できません。どちらか選択です。

紹介プログラムで口座開設&初回投資をしたい方

周囲に「CREAL」の口座をお持ちの方がいない場合は、下記リンクをご活用下さい。

リンク先「お問い合わせ」から、ドロップダウンリストで「CREAL 紹介プログラム」を選択して下さい。

尚、紹介プログラム利用にはメールアドレス必須です。またお名前は本名でなくても構いません。

実録 不動産クラウドファンディングに投資してみた

それでは実際にやってみてどうだったか、レポートします。

クロフネ

いくつか投資していますが、今回は直近の例として「TOMOTAQU(トモタク)」をご紹介します。

トモタクCF1号ファンド

私が投資したのは「トモタクCF1号ファンド」というファンド。投資対象は茨城県にある間取り2DKの木造アパートで、賃料が原資となっています。

ファンド募集の時点では、満室稼働中でした。

募集概要 年利10%は好条件

年利10%となかなかの分配率です!

期間は6か月と比較的短めですが、それだけ早期に償還されますので、それだけリスクも減り初心者にはメリットだと思います。

入金から出資申込みまで

「TOMOTAQU(トモタク)」の場合、指定口座に出資金を振り込んでいく必要があります。

出資金がない状態では、出資することができません。

ファンドへの出資は早い者勝ちなので、投資する気がある場合は、出資金を振り込んでおきましょう。

クロフネ

これだけの好条件だと、あっという間に売り切れます。予め入金しておき、募集開始時間前にはPCの前でスタンバっておきましょう。

他社のファンドですが、募集開始から申込が殺到し、サイトが繋がりにくくなり、20分後に復旧したと思ったら募集締め切りという経験をした事があります。

募集開始日時をチェックし、準備を怠らないようにしましょう。

運用開始

私の場合一口分、10万円で出資する事にしました。

無事出資手続きが完了すると、運用開始です。

でもこうなったらもうやる事はありません。あとは運用完了まで楽しみに待つのみです。

もらえる予定の配当金の計算をしておきましょう。

出資金100,000円×10%×108日(※)÷365日≒2,959

(※)3/14~6/29までの日数

【運用結果】

「配当」は当初の予定通り全部で4回ありました。すべて足すと2,961円。私の計算より2円多い(笑)

計算の方法が若干違うのでしょう。なんか分からんけど得した気分だし、まいっか笑笑

すべて滞りなく8/8で無事償還。

・元本:100,000円
・分配金:2,961円(源泉徴収前)
・トモタクポイントボーナス:5,000円(キャンペーン)
・ハピタス:10,000pt(10,000円相当)※下記参照
合計 117,961円(ハピタスポイントは現金で換算)

6か月弱で+17,961円という結果でした。

ポイントサイトもキャンペーンも初回のみの特典で、次回以降はここまでのリターンはありませんが、満足のいく結果でした!

まとめ

不動産クラウドファンディングは仕組みを理解すれば、怖いものでも、怪しいものでもありません。

寧ろスマートで新しい資産運用方法ではないでしょうか。

ポイントサイトで、不動産クラウドファンディングの広告が常にあるわけではありませんので、小まめにチェックしておくと良いと思います。

本記事が皆様の参考になれば幸いです。

「No travel , No life」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次